あくまでモテる×××未掲載分についてお詫び&再掲載します!
2015年03月23日 (月) | 編集 |
読者の方に言って頂いて初めて気付きましたがこれ↓


現在「あくまでモテる×××」

漫画onWebがリニューアルされて、最終話が読めなくなっておりました…すいません!

急きょ、Pixivにあげなおしました。↓


ひっさびさに読み返しましたら
こんなん描いてたのか…と自分で胃がキュッとなりました。
一応全年齢ではあるのですが、パンチラ漫画なので
苦手な方はご注意ください><

「あくまでモテる×××」連載中止の理由
2015年03月23日 (月) | 編集 |
どうもこんにちは、あやっこです。

ツイッターでたまーにご質問や購入ご報告を頂いておりました
「あくまでモテる×××」。



こちら、2巻で終了しておりまして、未掲載の1話分は私の方で無料公開しております。




当時は結構精神状態的にヤバかったのと、
「こういう事を下手に書いて、他社の出版社に”この作家は使いにくい”
と思われるのではないか」という恐れがあって黙しておりました。
今は大分時間も経って
冷静にお伝えできるかなと思うので
説明も兼ねて書いておきます。

この作品は元々「コミックラッシュ」という雑誌で連載しておりましたが
途中で雑誌そのものがWeb移行しまして、
私のスタンスは「連載を続けられるなら、媒体は特に気にしない」
であったので、そのまま連載を続けておりました。

結論を先に言ってしまうと、
1巻を出して、重版も1週間で決まり、順調に2巻を出そう、という話をしていたときに
突然担当氏から電話がかかってきて

「今後、原稿料をなしにして、単行本印税だけで連載を続けてくれないか」

と言われました。
意味が分からなかった私は(今も書いててちょっと手に震えがきますw)
「はい?」と聞き返したら、

「もしくは原稿料を〇千円ぐらいにして、その代わり印税を6~7%ぐらいに下げて…」

提示された原稿料は元々の額の四分の一程度で、
印税は元々10%でした。
しかも、実は重版分は「販売した分の売り上げだけ払う」という
他の出版社でしたことのない契約をお願いされました。
(一般的には刷った分だけ支払われます)
その時点で「ああ、ヤバいのかな…」とは薄々感じてはいました。

理由としては、雑誌そのものの売り上げが落ちてる&
会社の上層部が漫画に理解がなく、売り上げが少ないんだからそのようにしろ、
という命令があった…という事です。(詳細には伝えられておりません)

私は即時「それでは、連載中止にして下さい」
とお願いして、その時描きかけてた最終話だけは描き上げて、
そのまま終了にさせてもらいました。

一応その後、他の出版社さんに続きを描かせてもらえないか、
という話も持ちかけましたが他誌の作品を途中からはじめる
という出版社のデメリットの大きさや
私の作家としてのネームバリューの低さで難しく、
(作家さんによっては他誌で連載を続けた方もいらっしゃいます)
結局あの作品はあそこで終わり、と私の中でそう決まりました。


ただ、全員がそういう処遇ではないらしい、ということ
今もそこで連載してる作家さんはいらっしゃって、その人も同じ処遇かどうか分かりません。
少なくとも、私はそのように伝えられて、連載を中止することにしました。

ただ、色々大変ではありましたが
あの当時の私は少女マンガをやめて、少年漫画に移行する、と歩み始めたばかりで
そんな「賭け」的な存在の私に少年漫画誌でオリジナル漫画を連載させてくれて、
「あくまでモテる×××」の単行本をきっかけでその後
色んな編集さんから声をかけて頂き、
今がありますので
結果的には描かせてもらえて感謝すらしております。
また、単行本未掲載分が1話分のみ、というのもタイミングは良かったと思います。

また、その後旦那氏がとある編集さんと会った時に
元ジャイブの方だったらしく、私の事も知ってて
「あの時はすいませんでしたとお伝え下さい…」
と伝えられました(笑)

そんなわけで、今やあの頃のようなパンチラ漫画を
全く描いてないので今さらですが
パンチラでありつつ、ギャグ要素の高い作品が好きな方は
お試しで1巻だけでもお手にとって頂けると幸いです。

ちなみに、1巻は担当曰く「すげー売れた」らしいのですが、
未だに重版分の印税入ってません。多分入らないのでしょう…。
ですので、できれば電子書籍でお願い致します。
(電子書籍分は少額ながら毎年入っております)
2巻の電子書籍ができなかったので、それだけは悔やまれるのですが…
(読みたい場合は書店注文か、中古書籍のみになってしまいます)
こっちで個人的にkindle化というのも、かけあえばできるかもしれませんが
私の体力がないので諦めております、すいません。

※追記(2019/4/3)
現在、ジャイブという媒体は残ってるようですが
雑誌という体をなしているのかどうかは分かりませんでした。

どちらにせよ、「原稿料」「印税」というものを途中から変えたい…
と言い出したらそこの出版社(編集部)はもはや泥船と
思った方が良い、という警鐘のためにも再度この記事を修正加筆しました。

作家さんは「この出版社で描けなくなったら自分も終わり」と思いがちです。
でも今、Web掲載というものが生まれてから描ける媒体はたくさんあります。
相性の良い編集、出版社との出会いは運です。
恋愛と同じです。
良い出会いのためにも、一つの出版社(異性)に固執せず
「もっといい出会いがあるわ!」
と開き直って前進することが次の作品への一番の近道です。
「あくまでモテる×××」の未収録作品をWebで読めるようにしました!
2012年09月16日 (日) | 編集 |
「あくまでモテる×××」は実は13話まで描いてたのですが
単行本には12話までしか掲載されておりません。
1話分だけなので恐らく今後どこにも収録されませんし、
そもそもこの13話は有料のWebで1か月しか公開されてなかったことを考えると
読んだ方もほとんどいないだろう…
と思うとやるせない気持ちに!

というわけで、ふと思い立って
「漫画 on Web」さんに漫画を掲載させて頂きました。↓↓
※リンクが死んでたのでpixivに上げ直したものをリンク貼り直しました※




あくモテを読んだことのない方も是非この機会に
試し読みの感覚で読んで頂けると嬉しいです。
あ、でも所謂「パンチラ漫画」なので
苦手な方はご遠慮下さい…!
しかも過去一番エロく描いた気がする。そもそも掲載時は修正が入った。
(今回は修正なしバージョン載せてます)
ほんとすいません。

実は今まで、こういう媒体はほとんど触れてこなかったのですが
漫画を自分で掲載しよう!と思った時に
こんなに有難いツールはないな、と思いました。
普通だったらそのまま画像掲載か、pixivあたりに縦読みになるところを
ちゃんと電子書籍の形で読めるなんてステキ…!
少しばかり不親切なつくりなのが残念ですが、
基本的にはそこまで難しくないので助かりました!

今後も、単行本収録されてないものや
読んで頂きたいものは載せていきたいと思います…が、
単行本になってない過去作品って
花ゆめ時代のはっずかしい少女マンガぐらいなので
それを…人目にさらす勇気が…出るかどうか…!
むしろ今と比べて楽しむぐらいのレベル…!
なので、いっそ投稿作ぐらいになると載せるかもしれません。
投稿作は今でも自分で「何だこれ最高だな!」
と思う自信作です。
こんな絵ですが(照)↓

過去投稿作(照)

そんなわけでぜひぜひよろしくお願いします。


仕事しなきゃいけないのに
ずっとこんなことばっかりしてしまった…

あ、そういや東京ゲームショーですが
ビジネスデーの21日に行く予定です。