【人気マンガ家になるための15の法則】2話目掲載【まんがタイムジャンボ4月号】
2017年03月11日 (土) | 編集 |
ここに載せようと思って
ツイートしたとは言えない。↓




というわけで、本日発売のまんがタイムジャンボに
「人気マンガ家になるための15の法則」
掲載されておりますー。よろしくお願いします。
タイトルに関して無我の境地に入ってきましたが、長いのだけは未だ許せない。
すごく大変。そろそろキーボードのショートカットキーに登録するレベル。

ジャンボの献本と共に、
去年の夏の色紙(終活女子高生)プレゼントに当選した方からのおハガキも同封されておりました!
消印が12/1だったんですが 3か月旅した後に我が元に来て良かったです。(笑)
寒中見舞い用のハガキ多めに作ってたので今回はお返事早めに出せそうです。
なるべく手描きのお便りはお返事したいと思っております。
ネットがはびこる昨今、手描きはほんと珍しいので(*´v`*)

あと今日はちゃんとアップしました↓



少女マンガ家の初期作です。(そして後に少女マンガ家でなくなる人の)
マンガ家志望者さんはこれを見て勇気を出して下さい。


今日は『明×暗』の打ち合わせ行ってきました。
担当氏が任天堂スイッチ持っててくそ羨ましかったですが
今のところやりたいソフトがそんな出そろってないので、ソフト次第かなー。

帰り際に、「津々巳さんはオタクじゃないでしょー」という話をされて
「ニコニコ動画の実況(の視聴者)としてはクソオタです!闘会議も行きました」
と言う事を熱弁してきました。
良かった私もオタクとして誇れるものがあった。

今日明日はジャンボのネームです。
ではでは。

津々巳あや

.....................................................................................................................................



【マンガ家まんが】タイトル恥ずかしくてまだ向き合えてない漫画家歴17年目
2017年02月16日 (木) | 編集 |
そもそもタイトル長いしね。

2話目かきかけ
今2話の線画できたとこ

というわけで
「人気マンガ家になるための15の法則」
というやつをまんがタイムジャンボでゲストで描かせていただきましたが
それに対していくつかご質問があったので書いておきますね。

●15って事は15回は連載されるんですよね?

ジャンボは原則3回ゲスト⇒連載化か否か、というのは変わりません。
3回までのアンケート次第です。
ちなみに15、という数字が1巻出る回数が13~15ぐらいなので
担当氏がその辺で適当につけたらしいのですが、
担「それがアレなら別の数字でもいいですけど」
「あ、何でもいいっす」

という雑な話し合いで15になりました。すいません。

●百合ですか?

百合じゃねぇっつってんだろ!


●今更漫画家マンガなんですか?

私もそう思うんだけど担当が描いていいって言ってた(責任転嫁)

●今時何が売れるか分からないしねー

そういう慰めやめて

●津々巳あやって今どうしてるの?(2ちゃんねる花〇ゆめスレッドより)

少女漫画描いてた津々巳あやは死にました

●MHXXの体験版まだやってないとかハンターとしてのプライドないの?
あとモンでき。早く描けよ

ほんとそう思うし、少なくともMHXXでのモンできは打診がないので許して


というわけで後半は全然関係ない事を書きましたが
そんな感じなのであんまりタイトルの数字とかは気にせず、
普通にゲスト3回頑張りますので、気に入って頂けたならアンケ入れてあげてください。
2話目で結構自分的には満足いくもの描けたので是非読んで欲しいです。
(ちなみに2話は3/11発売のジャンボ掲載予定です)

ではでは。

津々巳あや




2/10まんがタイムジャンボゲスト「人気マンガ家になるための15の法則」vol.1
2017年02月10日 (金) | 編集 |
タイトル画像


というわけで新作です。
とりあえずゲストですが、2/10発売のまんがタイムジャンボに掲載されております。
よろしくお願いします。

「人気マンガ家になるための15の法則」というタイトル案が出たときに

「(私が)人気マンガ家じゃないから嫌です。」

と全力で拒否ったのですがダメでした。
あくまで漫画家としての最低条件、というテーマで描いていこうと思っております。
売れる法則はないです。(断言)
作品的には

学生時代イケイケだった主人公が、作家デビューしてからの
転落人生の中、昔の知り合いが担当編集となって現れた!


⇒逃げる
  殺る


みたいな話です。
ちょっとウソをつきました。

今回の原稿はかなりギリギリまで直したので(しかも明×暗の原稿をやりながら)
描き文字忘れがあって凹んでおります。

3P目

この4コマ目の描き文字入ってません。
一番大事やったのに…(私的に)


今回、作中にこの主人公の描いた漫画シーンが出てきますが
自分の過去作品の刷り出しで参考にできるものを探した時に
「こんな頭のおかしい作品使えねーだろ…」
と真面目に思ったのですが
そういやこの主人公は売れない作家だから
むしろそれでいいのか、とそのまま使いました。

シーン1
4P

参考にした過去作品
忍びの国のアリス2

昔の方がパンチのきいたキャラ描けてた。

シーン2
6P

参考過去作品
ピンポンDASH

どこの世界に「体育会系LOVEトライアングル」と煽られる
少女漫画があるだろうか。



というわけで私が過去と向き合って辛くなる作品となっております。

とりあえずゲストは3回分ありますので、
その間にこのキャラクター達を魅力的に描けるように頑張りますね。




終活女子高生(2)


終活女子高生(2)
著者:津々巳あや
価格:669円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る