「女子大生の日常」最終回を迎えました
2016年01月28日 (木) | 編集 |
女子大28話


1/27発売のアライブに「女子大生の日常」28話、最終回が掲載されております。
4巻は3月23日発売予定です、LINEスタンプも制作中ですので最後までよろしくお願い致します!

最終回なのにツイッターで宣伝忘れてて
アライブ公式(の中の担当さん)の方が
しっかりしたツイートしてくれたので
それをRTしてお茶を濁すという
我ながら「もう終わった女だと思って…!」って作品に詰られても
しょうがない所業でございました…
そんなことより風邪が治りきらなくて大変なんですよ。早く治って。

とはいえこの28話は我ながらお気に入りというか
ちゃんとキッチリ、いつも通りの女子大生の日常らしく
楽しく終われたなーと思います。
女子大~は途中から1P読み切り構成に変わったり
カレンが美少女ではなくなったり
読者の目線ポジションが有子になったり(主人公はあくまでカレン、
というのは私の中で揺るぎませんが)
色々変更の大きかった作品でした。
特に有子、森山先輩あたりが出て来た頃から
読者さんの反応も大きく変わったように思います。
この感じで、1話から描けてたらまた違ってたのかな…と
思ったりもしますが
初期の方は初期の方で好きな話もありますので
これはこれで良かったのだと思います。

この前「終活女子高生」の単行本発売日の書店巡りで
読者さんがわざわざ足を運んで下さって
色紙を求めて下さいましたが
そのほとんどが「女子大生の日常」キャラでした(笑)
もちろん「終活~」の方もお願いされたり
そちらも読んで下さってるとは思うのですが
私の中での驚きは
「私のオリジナル作品から好きになってくれた人がいる」
という部分でした。

元々、「モンでき。」という作品から
私の事を知って下さった方が多いので
自分の作品の力…というよりは、
「モンスターハンター」という化け物級の大人気ゲームの力
を強く感じていたので
自分の実力ではない、という気持ちがどうしてもあるんですね。

そういう意味でも、アライブで2年強、続けさせて頂いたのは
大きかったなと思いますし
声をかけて下さった担当さんには感謝しきりでございます。

今後ですが、まだ全然何も決まってはいませんが
できれば次回もアライブで新作を発表できればなと思っております。
描かせてもらえれば、という話ですが(笑)

今は一番ウェートの大きかった「女子大~」が終わったおかげで
すっかり力が抜けて、なんか風邪が治らないのも相まって
朝も中々スッキリ起きれず、気怠い毎日です。
忙しいぐらいでちょうど良かったんだろうなーと思うぐらい
覇気がありません。
色々、家事もしっかりしたいしジムも再開したいし新作も作りたいしコミックス作業もあるので
とりあえず風邪治らないかな…

そんな中、時間を使ってやっている事と言えば読書です。
綾辻先生作品ばっかり読んでおります。


水車館の殺人

「水車館の殺人」

「館」シリーズは大体面白いので、これも面白かった故に一気に読んでしまいましたが
唯一、登場してる女性キャラの行動心理が不思議でした。
「こういう生まれと育ちで、そう動くかなぁ…?」と。

恋愛で女は狂うものですが、狂うまでに時間が要する人生環境と、その逆があります。
その二つは同一にはならないのです。
また、「初めて」の相手はかなり特別です。どんだけ相手が狂っていてもついて行ってしまうものです。
目が覚めるまで、本当に時間がかかります。
故に、このキャラクターの動向は不思議でした。

とはいえ物語はすごく面白かったです。
館シリーズで探偵役となる「島田」のキャラクターがほんとに好きです。
十角館の時から思ってましたが、性格も見た目も、若干「ホームズ」を思い起こさせます。
原作ホームズはもっととんでもないキャラですが
明るく楽しく謎を解く姿が、暗いテーマを上手くかき回してくれて読んでて面白いです。


迷路館の殺人

「迷路館の殺人」

こちらはラストに「わあっ」となるしかけが3つぐらいあって
面白かったです。
読む前にたまたま犯人を当ててしまってました。名前で。
でも基本的にこういうミステリーものではあんまり犯人を予測して読まないようにしてます。


こういう読書日記はあんまり、興味ある人も少ないかなと思いつつ
自分的の中のメモみたいなものでもあるので
ゆるく読み飛ばして頂けると…あ、でも面白いものしか書いてないので
機会があれば読んで頂けると、というお勧めでもあるのですが!

* * *

あ、そういや関係ないですが
ツイッターで言えなかったんですが
モンハンで金欠を嘆いたら集会所★6「たんと掘れ!燃石炭」
をかなりお勧めされて「よっしゃ行くわ!」ってなってたんですが
集★6は解放してましたが「たん掘れ~」はまだ出てなかったんですね…
依頼クエ消化してなかったんですね…
そしてどの依頼クエを消化したらそれ出てくるか分からないから
今端からやってますがまだ出てないとですね…
私いつになったらお金を稼げるの…




女子大生の日常 3


女子大生の日常 3
著者:津々巳あや
価格:566円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る


風邪って長引くよね(宣伝でもなんでもないただの日記)
2016年01月24日 (日) | 編集 |
最終回の奴


どうもあやっこです、風邪です。
なんか微妙に治ったような治らんような感じですが
もうちょいじゃないかなーと。とりあえず今日は痰が絡んで辛いっす。

今は「女子大生の日常」のLINEスタンプ制作中です。
担当さんが「新規制作は5個ぐらいでいいよー」というので、
「でもまぁラフで5個っつーのもアレだから大目に出しとこ」
と思って17個ラフ出したら
「17個も描いてもらっていいんですか!?」
って返事が来て今困ってるところです。
そもそもその17個、一個も使えなさそうなネタものしか出してないんだけどいいんでしょうか…


そういや昨日の日記で「『Another』の続きは明日読みます」って言ってたのに
結局気になって昨日のうちに下巻読んでしまいました。


Another(下)


面白かったです。
綾辻先生にしては珍しくキャラ小説?っぽいので
ほんと読みやすかった。
叙述トリックが得意な作家さんとは聞いてたけど
最後にアッ、と驚かせてくれて
読後感が良いので好きです。

今日読んだのは
「十角館の殺人」


Another(下)


同じく綾辻先生の本です。
というか暫く綾辻先生の本ばっかり読む予定です。
これは私が学生時代に読んだもので、実家から持ってきた本
…のはずなんですが、記憶喪失レベルに覚えてなかったので
もっかい読みました。(面白かったという記憶だけはあったのですが)

館シリーズで一番評判良いらしいですが
実際面白かったです。
私は学生時代、結構斜め読みが多く詳細な部分をすっ飛ばして結末を急ぐ事が多かったので
今回はしっかり読みました。
最後はやっぱりビックリしたなー。

昨日から急に読書日記付け出しましたけど、
せっかく読んだから…というのもありますが
今丁度時間があって…というか風邪ひいてるせいなので
そんなに続かないと思います性格的な意味で…


あ、そういや相変わらず携帯ゲーの方の「MHXR」の方
チクチク進めてるんですが
ようやくマルチプレイデビューして、そっちが楽しくて
そればっかやってるんですが
たまに何度か被る人に「狩り友」申請してもらうので
ホイホイ承認してますが
あれ、何か意味あるんですかね…?

とりあえず申請してもらったら嬉しいから承認しちゃうんですが
たまに申請される⇒承認ボタン⇒
「相手の狩り友枠がいっぱいなので拒否されました」みたいなのがあって
なんか「告ってもないのにフラれた」みたいな気分になります。



女子大生の日常 3


女子大生の日常 3
著者:津々巳あや
価格:566円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る


一段落つきました
2016年01月23日 (土) | 編集 |
終活女子高生カット絵節分

どうもどうも、あやっこです。

今月初旬に「女子大生の日常」最終話がアップ、
昨日「終活女子高生」20話の原稿がアップしまして、
ようやく色々諸々落ち着いたという感じです。

落ち着いたついでに若干風邪ひいたので(何でや私)
悪化しないように厳重に厚着したり薬飲んだり色々してるので
何とか来週からはジムも再開できそうな塩梅です。

とりあえず宣伝しておくこととして、「終活女子高生」が1巻出ましたので
お見逃しの方は是非お手に取って頂けると嬉しいです。
内容もかなり厳選して収録しております。
「終活」というテーマですが、あくまで
4コマとして楽しめる、そして「死」というものを茶化さないように
…と書くとなんだか堅苦しいですが、興味本位でもなんでも、
ひとまずは読んで頂けると嬉しいなーと思います。

内容はダイジェスト版の記事を書きましたので
こちらご覧ください⇒http://ayairo.blog13.fc2.com/blog-entry-1805.html



終活女子高生 (1)


終活女子高生 (1)
著者:津々巳あや
価格:669円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る



ちなみにKindle版も出てますが
「乙女ほるもん」も地味に一緒に電子書籍版出してもらいました。
これで調子よければ2巻も出してもらえるかも!しれん!
ということで電子書籍派の方、よろしくお願いします。

  


終活女子高生 (1)


終活女子高生 (1)
著者:津々巳あや
Kindle価格:¥648
amazonで詳細を見る


乙女ほるもん (1)


乙女ほるもん (1)
著者:津々巳あや
Kindle価格:¥648
amazonで詳細を見る



宣伝ついでに、うちの妹三女の初!単行本が今月末に出ることになりました。
妹のブログはこちら⇒ 「鬼頭香月と黒猫」
こちらはライトノベルで、少女小説系…なので、私と路線はかなり異なりますが
興味本位でも何でもお手に取って頂ければ私としても嬉しいです。
今からでもamazonで予約できますよってに!↓



転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う


転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う
鬼頭 香月:作 緒花:絵
四六判 本体1,200円+税(予価)
amazonで詳細を見る



ザ・ライトノベル…という感じのタイトルですが
読んでみて、姉妹というのを抜きにしても素直に面白かったです。
乙女ゲームの世界観が分かってる方、女性の方なら楽しめるんじゃないかなと。


さてさて、ここ数年ずっと仕事に追われて資料としてしか本や漫画を読んでいなかったのですが
ようやく時間ができ(次回作であったり、コミックス作業があったりLINEスタンプ制作があったりしますが…)
最近自分の読解力の衰えに恐怖を覚えたので
家に山ほどある本を消化していく事にしました(家族がめっちゃ本読むので)


Another(上)


「Another」のとりあえず上巻です。
綾辻先生の本は高校か大学生以来…のような気がします。
そもそも本をめっちゃ読んでたのがその辺の時期で
大学時代に漫画賞を受賞してからは、忙しくてあんまり本読まなくなってました。

中学校が舞台のホラー?風味な話。
下巻は明日読む予定なのでまだ結末読むまでは何ともですが
今の段階でとても面白いです。
すごく読みやすく入りやすく、続きが気になるので
リアル中学生が読むとめっちゃハマるんじゃないかなぁと。


というわけで、本日は新作ネームかLINEスタンプ構図か、何かやります。
あ、そういや「モンこれ。」ですが
ニコニコ動画のブロマガなので、コメント機能ついてるんですよね。
それで自分のアカウントでレスしようかどうしようか迷ってたんですが
結局自分のアカでコメントつけるようにしました。
全レスはできないと思いますがなるべく私の作品に向けたものは
お返事したいなーと。

それ見たリョウコ(アシスタント)に
「なりすましかと思いました~!」
と言われました。
何の得が!(笑)