電子書籍用になんかプレゼントとか描いたよ
2016年07月21日 (木) | 編集 |
前回サイトをリニューアルして
アホっぽい出だしのブログ(と言われた)しか書いてなかったので
ちょっと更新します。

現在新作の原稿中で既にアシさんも入って仕事中ですが
先日こういうツイートをしました





皆熱中症には気を付けようね。
トゥギャッターでもまとめて頂いたので
疑問点がある人は分かりやすいかも⇒http://togetter.com/li/1002519

私が言いたいのは一言


スケブ

↑これ、電子書籍関係のプレゼント企画のイラストなんで
一部淫猥なモザイクを入れましたが
まもなく告知入ると思いますのでまたその時には
ご報告します。(勝手にアップしたことで怒られたらもう1枚キレイなカレン描きます)
もう終わった作品なのにこんなイラストで原稿料をもらえたので
アライブとKADOKAWAは神です。

サイトも近々更新予定なんですが
更新はもっぱら花とゆめ時代の黒歴史ばかりです。
主に私に利がありません。

そういや冒頭のツイートがまわったおかげで

「あれ、モンできの人じゃん」⇐ちょっと前までやってた作品

とか引用RTで見えてこれはいいんですが

「ECO外伝デルタサーガの人じゃん」⇐大昔のコミカライズ大ダメージ

私の精神に来るツイートが色々見れて
訓練されました。
有難うございました。




女子大生の日常 4


女子大生の日常 4
著者:津々巳あや
価格:566円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る

サイトリニューアルしました
2016年07月10日 (日) | 編集 |
サイトリニューアルしました。

トップ

http://tutumiaya.com/

ほら!これ!見て!!
超カッコヨクない!!?

前回のサイトもプロっぽいサイトでしたが
(実際プロに作って頂いたのですが)
シンプルシャレオツデザインかつ更新が自分でしやすい仕様に
プログラムを作ってもらってます。

プログラムを作ってもらってます。

この部分でどれだけすごい方に作ってもらってるかお分かりになるでしょうか。

そもそもサイトというのはWebデザイナーとかそういう人に頼みます。
私は自分で頼んだことはないのですが、どうやら色んな方面から聞いたところ
○十万~100万とかザラ
らしいです。
恐ろしいですね。
大企業か政治家か金持ち漫画家しか作れないやつですね。
知り合いでお安くお願いする
いわゆるお友達価格という場合もあるのですが
それでも結構お高いです。
それぐらいクリエイティブとは高級なのです。

そもそも何故お高いかというと
ある日いきなり「はい、サイト作って」って言われて作れます?
作れませんよね。
特にデザインやプログラムというものは
それができるまでに時間とお金をかけて勉強して、
ステキなものを作れるようになります。
センスももちろん必要です。
そういう人に対して
「こんなのすぐ作れるんでしょ?タダで作ってよ」
などというのは言語道断です。

確かにその人たちはすぐ作れるかもしれません。
でも、すぐ作れるようになるまでに、お金と時間を
かなりかけてるわけです。
我々はそこに対価を払わなければいけないわけです。
ちょっと脱線しますが
我々漫画家やイラストレーターにも同じことが言えますね。
「絵とかちょいちょいって描けるんでしょ?描いてよ。」
じゃあお前描けよ。今すぐ描いて見せろよ。

となるわけです。

さて、お話を戻しますが
そんなわけで、ホームページ作成にお金がかかる、と言う事は私は理解しております。
ところで私のお義姉さんはプログラマー&Webデザイナー&イラストレーターです。
以前のサイトを作ってくれたのもこの方です。
プログラムの本まで出してます。怖いですね。

ある日そのお義姉さんが言いました。
「あ、そういやさーあやちゃん(仮名)のサイト、もうちょっとシンプルにできないかなーと思って作ってみてるんだよね。」

え?

何かすごい素敵なサイトがほぼできあがった状態でした。
わあ、私の親族すごすぎかよ。

そんなわけでせっかく更にステキになったので
(ちなみに以前のサイトで私が自分で更新した部分とか、何故か全角と半角と入り混じってて全部直してくれたらしい。
何故そうなったのか自分でも分からない)
トップの画像素材とかはもちろんですが
動くGIFとかは自分で作りました。

「仕事情報」とか「既刊情報」なんかは大きく変更はないのですが
(でも見やすくなってます)
「イラスト」のコーナーが結構中途半端…というか
過去作を晒す場所ができてたのですね。
一番下のところね。

歴史


これ、「仕事情報」の部分とリンクしてて、単行本化されてない大昔の作品は
ちょいちょい、扉とかアップしてたんですね。
私も忘れてた部分ですね。
で、まぁ花とゆめ時代のものがもう単行本化とかはされないだろうし
もうかなり大昔なんで、色々晒してもいいだろと思った結果
扉絵+はじめの数ページを全て晒す
という
恥部晒しコーナーになっております。
普通公式サイトってこういうんじゃなくて、なるべく新しい情報をアップして営業も兼ねるのがふつうだと思うんですが
私はとりあえず「面白いからいい」と思ってます。

というわけで刷り出しを掘り出して(原画の方は香川の実家に投げて手元に無い)
それをスキャンしてるので、画像から歴史を感じる仕様になっております。
しかも刷り出しが無いのが結構ポロポロあってショック…!
確かに上京してから4回は引っ越してますが
刷り出しだけはちゃんと取っておいたと思うんだけどなー。

それを差し引いても、まだまだアップしきれてないので
それはこれから引き続きアップしていきたいと思います…
新規でアップされるものが全て10年以上前の作品っていうね。
ステキですね。

地味に仕事イラストとか、バナーとかも新しくアップしてるのもあるので
お暇な人は見てね。


モンでき。関係の話
2016年07月05日 (火) | 編集 |
希少種むり


こんにちはあやっこです。

サイトリニューアルに伴って、リンクの確認とか色々してたんですよ。
そんで、「モンでき。」って去年の更新が最後だし
その後ニコニコのブロマガに移行した形になったので
ファミ通.comのトップから見に行くとかできなくなっちゃってるんだろうなー
と思って確認したわけですよ。


ファミ通1




ファミ通2


トップに残ってたー!!!


いやー驚きすぎてブログまで書いちゃったよ。
モンハンというゲームの強みを感じます。


「モンでき。」は未だに

「続きは描かないんですか?」

とか

「未収録分は単行本化されないんですか?」

等、質問がたまに来るのですが
今のところはそういうお話は来てません。
私の方から断ることはないので
後は大人の事情とか諸々によるかと思います。
またそういう機会があればいいのですが…!

とりあえずはモンスターハンターストーリーズが
間もなく発売なので、一体どんなゲームなのか
楽しみですね!




モンハン持ちができません。


モンハン持ちができません。
著者:津々巳あや
価格:998円(税込、送料込)
amazonで詳細を見る