「同人」が逃げかどうか
2017年03月03日 (金) | 編集 |
ツイッターで最近よくみかけるつぶやきで
「商業誌⇒同人誌をやってたら、逃げだと言われた」
というのがあるんですね。

私がフォローしてる方で作家さんが多いからよく見るのかもしれないのですが。
まず、このツイートした人は「同人に行ったのは逃げじゃない」って言いたいわけじゃなくて

「普通、面と向かって「お前逃げたんだな」って言う?常識あるの?人間として大丈夫?」

って言いたいんだと思う(笑)
そして私もその人の神経をちょっと疑う。(笑)
そういうのは、心で思って本人には「そうなんですかー」でいいじゃないですか。
ムカッとしますよ。

で、結局逃げかどうかは、本人がどこに目標をおいてるかどうかかなと。

元々漫画家になるつもりなく、声かけられたらからちょっと商業やりましたけど
同人誌の方が楽しいからそっちにいった
…なら、別に逃げじゃないと思います。
商業で食べていく事がゴールでない方ですから。

でも
商業漫画で飯を食おうと思ってやりはじめたけど
しんどい、辛い、儲からない。
同人誌ならだれも何もいわないし誰かの作品の二次創作で褒めてもらえる!最高!

なら、逃げです。


でも別に逃げてもいいと思うんですね。
実際しんどい仕事ですし、運もあるし、向き不向きもあるので。
ただ、それを「逃げてるわけじゃない!」って言い訳するのはしんどいと思います。

自分は逃げたけど、こっちの方が水があってたから。
人生の選択肢を変えたんだと。
これでいいんじゃないかなと。
そっちの方が潔くてカッコイイ。

逃げって言葉はマイナスにとらえられがちですが
無理な方向にしがみついてボロボロになるより
自分に向いてるものは何かを見定める事
冷静に自分を客観視すること
そちらの方がとても大切だと思います。

私で言えば、「少女漫画からは逃げた」
でも「漫画からは逃げてない」
という状況なのかな。
で、今何やってるんだろう、って考えると
4コマやりながら少年誌でストーリー漫画やりながらゲームエッセイとかコメディとかパンチラとか
何作家なのか分かりません。
でもこの話を前にリョウコに言ったら
「先生!少女漫画でも単行本8冊出してますよ!」
って言われてハッ!っとなったんですが
これは原作つき&企画ものなので、自分の中でカウントしてなかった。
明×暗は原案つきだけど、お話一緒に作ってるからセーフ。(笑)

※私の漫画遍歴を見たい方は>>既刊案内
もっとえげつない遍歴を見たい方は>>仕事情報


あくまで自分の考え方なので、これが正解…とかないと思うのですが
同人誌で上手くやると食べれるようになっちゃったからこんな論議が生まれちゃうんでしょうねー。
そういう人も一握りなんでしょうけど。
ちなみに私は同人誌向いてません。
二次創作、下手です。(笑)
あれも才能ですよね。


何にせよ、人様が選択した人生コースに
本人に向かって他人があれこれ言うのはナンセンスですよね、という話です。