【人気マンガ家になるための15の法則】5/12まんがタイムジャンボ掲載&連載化
2017年05月13日 (土) | 編集 |
今日は雨ですね。あやっこです。

『人気マンガ家になるための15の法則』
まんがタイムジャンボ6月号に4話目掲載されておりますー。
よろしくお願いします!




連載化も決定いたしました。(この号読むまで知らなかったけど)
皆様のアンケートとかのおかげです有難うございます!


もうジャンボでは5年ぐらい描かせてもらってますね。
初めて描き始めた当初は私も4コマ誌連載は初の試みで拙い部分も多く
読者さんからも「何コイツ」的な珍獣を見るようなコメントも散見しましたが(笑)
最近は熱心に応援して下さる読者さんもいらっしゃって
ちょっと本気で嬉しいというか…
(何となく自分は4コマ誌読者さんの中で「4コマ作家」枠に入れられてない気がしてたので)


実は、一番初めの「乙女ほるもん」連載終了時に
一度担当さんと若干連絡が途絶えております(今も継続で担当して頂いてます)
こちらから連絡をとると、担当さんは
『津々巳さんはもう4コマ描きたくないと思いこんでた』とおっしゃって下さいましたが
私は「別にいなくてもいい作家」と判断されたんだろうなと思ってます。
でもそれは私の力量不足が招いた結果であり(「乙女ほるもん」の2巻が出てない事で何となく察して下さい)
当然の事だと思います。

で、その時に「いや、描きますよ?」と暗黙の了解的なものをぶった切って
図々しく、かつ大胆に遠慮なくネーム出してたら掲載チャンスを頂いて
「終活女子高生」を描かせて頂きました。

カレンぐうかわ


「終活女子高生」の連載終了時期が決まった時に、次の作品の打診を頂きました。
あの時に諦めてたらこの作品も生まれなかったんだな
と改めて考えたり。


作家歴だけは長いので
よく相談を受けるのですが
新人作家さんはメンタルが弱い方も多く
「私なんて」と引っ込み思案になりがちです。
図々しくネームを描き続ける事、見てもらい続けるという事がいかに大事か。
必要とされないと感じるのであれば、必要とされるように頑張ればいいのです。


…と言いながら、この新連載も人気がなければすぐ終了となってしまいますので(笑)
そうならないように毎回気合を入れて面白くなるよう頑張りたいと思います。主人公の相沢と共に。
応援、何卒よろしくお願い致します!(´∀`)ノ


ではでは。

津々巳あや

.....................................................................................................................................