近況(仕事とかもらいものとか)
2018年07月03日 (火) | 編集 |
29回


お久しぶりです、あやっこです。
『明×暗SCRAMBLE』の連載が終わってから、比較的すぐ新しい仕事が来たり
色々やってる間に3か月経ってました恐ろしい…(^q^)

『ぷちモンでき。』
とりあえず週刊ファミ通で連載してる「ぷちモンでき。」は30回を一回の区切りとして終わります。
で、ファミ通で今はまだ26回目ぐらいだと思いますが、私は29回をもう描いたところで後1回です。
30回こそマムタソを描けるかしら…(リョウコさんが絶賛古龍で詰んでる)


『人気マンガ家になるための15の法則』



完全新作となる15話目から、連載周期が変わって毎月12日と26日更新になりました。
元々4コマ誌での連載だったので今まで4コマ形式だったのですが
KADOKAWAのWeb掲載になったことで4コマに拘る必要はない事、
またページも増えたので(月8P→15P前後)
担当氏から「Webだから、4コマよりは1Pマンガ形式の方が読みやすいのでは」
と言われたのもあり、15話後編から何となく自由に描いてます。

芳文社での作り方は、紙雑誌というのもあり
毎回「季節に絡めたネタ」とか「カラーだからできれば水着とか肌を出したようなテーマ」
というのが基本だったのですが、
KADOKAWAでは「せっかくこういうタイトルとテーマなんだから、漫画家の内容にもっと寄せてもいい」
と言ってもらい、結構ダイレクトな時事ネタ等も入れたりしております。

基本的な方向性や、キャラは変わっておりません。
むしろ今までより面白いものを、と思い模索しつつ描いておりますので
これからも楽しんで読んで頂けると嬉しいです。


『やわらか4コマVV』



とうとう30回目突入です。
ゲーム開始当初から毎週描かせて頂いてるので、7か月以上経ってるんですね。
本来は「テストビルドバージョン」という、オフライン状態で遊べるものを使う予定だったのですが
私が「ガチじゃねぇと…面白くねぇだろうが…!」
という普通の課金厨ゲーマー魂を発揮して、読者さんと全く同じ状態のゲームプレイでマンガを描いておりますので
普通に水着ゲットできてなかったりアイテムゲットできてなかったりして宣伝としての機能はほぼ皆無です。
でも何か許してもらってます。

読者さんにも「こんな内容を公式がよく許してるな」と言われる4コマですが(私もそう思います)
今後ともよろしくお願い致します。毎週水曜更新です(※今週だけ金曜更新になります)


・新作
現在、原案付きのストーリーものを制作中です。
書きためですので、発表は今年の秋~冬あたりを予定しております。
Web連載でちょっと大人向けな社会人恋愛もの…という、またしても私の描いてきたジャンルとは違うものになります。
私はどこへ向かうのでしょうか。

Twitterで、『明×暗~』が終わった後「次はコメディ描きます」と言ってたのですが
この仕事が入ったので、とりあえずオリジナルのコメディは保留状態となっております。
私がもうちょっと速筆ならよかったのですが、アシスタントさんも入れて
一か月60枚ぐらいが限界なので恐らく「15の法則」が2巻分で一区切りしたら改めて新作コメディに手を付けられるかなと思います。
後、ちょいちょい単発の企画ものがあったりするので、そういうものはTwitterで告知していくかと思いますー。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

全然お礼とかできてないのですが、
読者さんからたまに頂き物があったりしております、有難うございます。

pre1

モンスターハンター大全を全巻!
プレゼントして頂きました有難うございます…!
(私のちょろっとだけやってみたユーチューブ動画を観て「よければ…」と譲って頂きました)
皆裏設定とかやけに詳しいなーどこの情報なんだろうなーと思ったら、
こういうものがあったのですね…!ファミ通で仕事してるくせに(もっと言うとカプコンさんとめちゃくちゃ長い付き合いなのに)こういう基礎的な事を知らない私クオリティですね。
そういう言葉で誤魔化していきたいですね。
ともかく有難うございました!

pre2

いつも季節の便りのようにコーヒーを送って下さる読者さん。有難うございます!
今回はまさかのアライブ編集部宛てまであったので
「お母さんか!」
と思いましたが(笑)担当さんは「マメな読者さんですねー」と言うておりました。


私は基本的に、読者さんには「プレゼントも何もいらない、ただ私のマンガを買って読んで面白いと思って頂ければそれが何よりうれしいです」
と、主に太字の部分を強く主張していくスタイルの作家なのですが
それでもやはりこういうお気持ちは嬉しいですし、
「ああ、心配して頂いてるのかなぁ」とかも思います。
ちゃんと作品で返していけるように頑張って行きたいです。


そういや全然関係ないですが
春花さんが『MH:W』から何故か『MHXX』をプレイしはじめて
一緒にプレイしてるご友人?から「モンでき。を読め」と言われたらしいので(笑)
とりあえず手元にある本を全部送っておきました。
何故かサインも求められたので1冊だけ入れておきました。

確かに今までのシリーズと、『MH:W』は別ゲーと言ってもいいですもんね。
どっちも面白いですけども!


ではでは。
津々巳あや

....................................................................................................................................