KissKiss☆ラビリンス~第五回
2009年07月08日 (水) | 編集 |
湯原光一



久々にアシさんがいる間に原稿が終わったあやっこですヒャッホー


というわけで今回の「キスラビ」(KissKiss☆ラビリンスの略、
勝手に作った今)は光一についてです。

原作ではひたすらあてうm…というか可哀想…というか、
かわいそう萌えを地でいくワタクシとしてはかなりキュンキュンくるキャラなのですが
アナザードラマCDではそれに加えいじられ役という
もう彼には可哀想な部分しか残っていないんじゃないかと…。
コミックスのカバー裏4コマでも彼のかわいそうパワーが発揮されまくっております。

で、まじめな話をすると
原作からかなり妄信的というか。
好きな対象、マンガではその対象が「八重子」だけなのですが、
それは彼の家庭環境に由来しております。
彼の周りにあまりにも愛情が足りなさすぎて
それを主人公(八重子)に一気に求め過ぎてしまう。

彼は「由紀恵」というキャラとも関係をもっていますが
八重子から得られる愛情が足りなくて
足りなさすぎて、他から摂取してしまうんですね。

これは、八重子が自分のことを好きではないことを知っているからなわけで。
ゲームではそこを補完できる、ということで個人的に楽しみです。
漫画では得られなかった愛情を、一身に注いであげたら
光一というキャラはどうなるんだろう、と。
プレイヤーの皆さんもぜひゲームで光一を幸せいっぱいにしてあげて下さい。(笑)


ゲームの方は、今まで以上に遊ばれてる光一が…
以前も言った気がしますが、やはしメイドが見所ですね。
少しずつ壊れていく光一とか。
中々、他のキャラでは描かないようなスチルも多かったような気がします。

今回も加藤さんが同じく記事をあげて下さってます↓↓↓

http://chihomi.cocolog-nifty.com/

公式も更新されてます↓↓↓

KissKiss☆ラビリンス公式


そんなわけで次回も一週間後に☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック