KissKiss☆ラビリンス~第六回
2009年07月15日 (水) | 編集 |
171センチ


どうも、イラストの縦横を間違えてやり直しの刑@A_YAKKOです。
カラー=縦描きだと…思い込んでいたんじゃあ…


というわけで今回もキスラビ(KissKiss☆ラビリンス)
ショコラについてです。
加藤さんも記事を描いて下さってます。↓↓↓

http://chihomi.cocolog-nifty.com/

今回こそは更新時間、私を出し抜いてほしい。(笑)


ショコラは…
連載中に髪の毛が若干伸びたり(早川ほどではないにせよ)…眉がしっかりしてきたり…
私がそもそも、(ラブルートの連載を始めるまでに)ショートヘアな男の子を描くことがほとんどなかったので
漫画を描きながら試行錯誤をしていたキャラです。
未だに難しいです。
ここ2,3回でようやく安定してきたように思います(遅いとかいうレベルじゃない)
というか早川と髪型が結構似てるので(色ともみあげの長さが違うだけ)
ゲームの塗り師さんにも1度、素で間違えられるという
どちらかというと私の画力が問題、という事件が…
その節はお手数をおかけしま…しまし…あうあう

頬のマーク、初めはずっと私が描いてたのですが
あまりに忙しいと最近少しアシさんに頼むこともあるのですが
矢印の描き方とかラインの太さとかで毎度苦労かけております。
これはキャンディの左手の甲のマークも同じですね。
ショコラは左頬、キャンディは左手甲。
形自体は同じです。

キャラ自体はツンデレ、という分かりやすい設定なので
1巻からそこまで大きく変わってないと思います。
黒い羽、というものに大きなトラウマを抱えたキャラなので
「ラビリンス」「アフロディーテ」「キャンディ」
というものにかなりの執着がありますね。
そこに八重子や和哉たちが少しずつ入り込んできている、という感じでしょうか。
それでもラビリンスチームたちへの執着とは雲泥の差だと思いますが…

ゲームでは、プレイヤーはそのショコラのキャンディやアフロディーテに対する
「執着」に勝る「執着」をされなくてはいけません。
それは過去のトラウマに打ち勝つ、ということでもあります。

ショコラのスチルは原作にもある、羽根を出した大きいバージョンの絵が
とても良い仕上がりになってて(これは確か雑誌掲載もあったかな…?)
お気に入りです。
夜のシーンは色味が若干落ちて素敵になりますね。

それとキスシーン
初めの指定はアップめのものだったのですが
アイテムのキスシーンもアップなので背景も合わせて、叙情的な指定に
してもらったりしました。
そちらも見てほしい部分です。

後精霊バージョンが結構しっかり表情もたくさんあって
かわいい動きをします。
ミニキャラ&精霊バージョン、と
「かわいめ」要素が多いゲームですね~…そういえば。


公式も更新されてます↓↓↓

ショコラ


それでは次回一週間後に
今度はキャンディかな?
よろしくお願いします~!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック