KissKiss☆ラビリンス~第十四回
2009年12月17日 (木) | 編集 |
ラブルートゼロ1話扉絵



お久しぶりのゲーム「ラブルートゼロKissKiss☆ラビリンス」についての記事です。
1話の扉絵↑あまりに今と違ってて戦慄を覚えるの巻
それとネクタイがチェックじゃない!

またこれから2月のゲーム発売まで、ブログでちょこちょこと記事を書いていくことになりました。
加藤さんゲームスタッフさんのブログでも同時に更新されています。
ちなみに私はしょっぱちから大遅刻をやらかし…かし…
いやでも大丈夫そんなに見る人いないからこのブログ
そういう問題じゃないですよねすいません


今回は漫画本編の1話、2話に関してです。
ゲームとの違いなどを比較するのは加藤さんが描いて下さってるので
私は作成時のことなどを中心に。

1話は序章、という感じですね。
漫画として連載1話目が30Pで収まってるのが結構珍しいことかと。
大体、雑誌では少なくとも40P以上はもらって、
ある程度の「つかみ」を作るのが基本、みたいな流れがあるですが
このへんがモバイル漫画との違いかもしれませんね。
モバイルはページ単位ではなくコマ単位なので
雑誌の常識が当てはまらないのに驚いた記憶が。
それとあくまで八重子と和哉と光一の三角関係が軸でプロットを練りました
いきなり相手を振るところから始まる恋愛物語…
そういうのが面白いなと。

と、ここまで書いたところで気付いたんですが
ゲームを楽しみにしてるひとは知ったこっちゃない話題ですよね
じゃあ私に何が書けるの
えーと、そうですね
ゲームでも冒頭は同じ感じの導入だったかと思います。
スチルを描いた時、漫画と同じでは面白くないので
違うアングルのものを結構描きました。
あと色がついて声が入るので、全然違う感じに見えるんですよね。
ゲームでプレイできるのが楽しみです、私が

2話はなんかちょっとエロっぽいのをいれたくて…
が全てな回です
いやそうじゃなくて
初めてゼロという物体が現れるのですが
ゲームではこの生き物と戦って勝利していくことで
パラメーターをあげたり?というシステムだったかと
この気持ち悪いのと直接戦えるなんてありがためいわ…いや
なんというリアル
ぜひこの気持ち悪さをみなさん味わって頂ければと
あれこれ恋愛シミュレーションですよね的
そもそもこの生き物を描いた時にエロさに身もだえました個人的に
皆さんもプレイするときはぜひ妄想して楽しんで下さい触手的な意味で
ここまで書いて思いましたがこのブログ削除命令出されるかもしれません偉いひとから


そんなわけで大修羅場中の中
渾身の力を込めて記事を書かせて頂きましたが
99%ぐらいの確率で訂正命令が出されるんだろうなぁと思うと
この深夜にあげておいてよかったと思います
惜しむらくはこのブログ見てる人ほとんどいないということぐらいでしょうか

それでは次回更新は1/13です
またよろしくお願いします。



キスラビブログをやってます
加藤さん
ゲームスタッフさん
コメント
この記事へのコメント
あやっこ先生
わたしめちゃめちゃブログ愛読者です

加藤先生のとこからとんできて以来、面白すぎる言い回しと自虐的な(失礼でしょうか)言い回しにハマり、遡って最初の記事まで読みましたから
いつもお体心配してす
頑張ってくださいぃ
2009/12/18(Fri) 10:42 | URL  | ゆー #-[ 編集]
>ゆーさん
はわわ
ほかのサイトからいらっしゃる方がいるのは知ってましたが
そのまま読み続けて下さる方がいらっしゃるとは!
有難うございますありがとうございます。

身体の御心配まで、すいません。
病院オタのようになってますが案外大丈夫です!

時々ささくれて酷い日記ですが(苦)
これからもよろしくお願いいたします。
2009/12/19(Sat) 03:50 | URL  | 津々巳あや #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック