非実在青少年規制について
2010年03月17日 (水) | 編集 |
東京都知事がこの法案を通そうとして、出版業界や作家さんたちが署名などあつめて
改正を阻止しようとしてますね。
日本の出版社はほとんど東京にあるので、この法案が通ってしまうと
かなりの影響が出てしまいます。

私もよく分からなかったのですが、
どうも平たく言うと
「二次元絵で18歳未満に見えるものの性的表現規制」
のようです。
…ということは、30歳の大人を描いても、10歳に見える絵柄の人はアウトです。
漫画やイラストの表現の幅をひどく狭める、エンターテイメントに大打撃を与える法案と言えると思います。

これについて、メディアも色々取り上げてますが
「ポルノ」という表現を使ったりすることで
「すごく酷くエロい表現」のものだけを取り締まるように報道してて、
視聴者に正確に伝わってないようですね。
例えば、ただのパンチラもだめなのか?ということになりかねないんですよ。
「そういう風に、見えるものの規制」なんて、取り締まる人間の感覚ひとつで変わってしまいます。
私は戦時中の「表現の自由」が無かった時代を思い起こしました。
法律に抵触してるとしか思えないんですが…こんな法案、通ってしまうんでしょうか。

「早く規制しろ」という人が結構いることが残念です。
よく知らずに、こういうことを言っているとしか思えない。(私も詳細まで詳しく調べたわけではないのですが…)
結局、表現をする側が動くしかないのですが、
出版業界でも力のある作家さん、活躍してる作家さんは
忙しくてこういうことに積極的に発言したり考えたりする
余裕がないのでは…と思うのです。
そうこうしているうちに法案通ったらどうしよう、とか心配してしまいます。
そしたら出版社が皆埼玉とかに移ったらいいんじゃないですかね。
東京都の税収率がかなり下がってざまぁ!です。

しかも、私がひっかかるのが
「小説は除外」
という部分です。
小説、ことに携帯小説こそ、目もはばかられる表現のエロ小説が蔓延してるのに
それはいいのか、と。
いたいけな幼女が凌辱されててもいいのか、と。
これも、都知事が小説を書いてる人間だから差別したとしか思えません。
もっと言うと、絵に対してバカにしてるとすら思います。

規制規制、と何でも規制していいものではないでしょう。
そもそも、こんなことは親がちゃんと教育できてたら問題ない部分です。
カナダでこういう法案を通して、逆に性犯罪が増えたという統計も出ているそうです。
二次元を規制する前に三次元をまずなんとかしたらどうでしょうか。
金欲しさに自分の子供をエロDVDに出させる親こそ、法でなんとかすべきでは…。

とにかく、東京都知事にはガッカリです。
もう小説家ではなくなってしまったんだなーと思いました。
こんな信じられない法案が通らないことを祈ります…
コメント
この記事へのコメント
No title
反対署名に名のある漫画家さんが多く驚きました。

私は青少年期エロ本ばかり読んでましたが、それほど生育に害悪があったようには思えません。
ましてやエロ本の性表現にも満たない表現を取り締まってしまうというのはどうかと思いますね…。

表現の自由(憲法21条)と性表現は過去幾度となく議論されてきましたが、未だ明確な結論が出ていません。
かなり難しい問題ですね。

青少年の健全な育成や、性道徳・性秩序の維持、公衆の性的感情の保護といった保護法益と、表現の自由及びそれに対応する受領の自由という保護法益とが真っ向から対立する問題ですからね。

一般に法令が憲法に反するか否かは規制目的が合理的で規制手段が目的達成に合理的であるかによって判断されます。

今回の非実在青年規制は、青少年の健全な育成環境の確保という点で規制目的は正当と言えます。

規制手段については(詳しい規制手段はわからないのですが)「出版の全面的禁止」等であれば、憲法違反であると言えます。
規制目的を達成するにあたり、制約は必要最小限度でなければならず、他により制限的でない規制手段がある場合にはそちらを採らなければならないという原則(LRAの基準)があるからです。

「出版自体は認容するが青少年へ流通する恐れのある販売方法を規制する」等という規制手段であるならば上記LRAは満たされますので、合憲だと判断されます。

しかし、いくらLRAの基準を満たしたとしても、「二次元絵で18歳未満に見えるものの性的表現」というのが不明確であり憲法違反という構成をとることもできます。
規制内容が漠然としていて不明確な場合、表現の自由に萎縮的効果を生ぜしめるので、明確でなければならないという理論です。


と、違憲とも合憲ともとれる事案だけに余計に難しいですね…。

仮に憲法違反であったとしても、日本は付随的違憲審査制といって、法令が憲法に適合するか否かを判断する場合、具体的に事件が起こった際にしか審査しないというスタンスを採っていますので、いったん規制されてしまうと自由の回復が事実上困難であるという問題もあります。


ちなみにカナダといえば…。
「非実在少年に性的苦痛を与えた」として二次元エロ画像を持ってた男が有罪判決くらったとか…。
カナダの憲法どないなってんねんwww
2010/03/18(Thu) 05:08 | URL  | rider #oyrireJc[ 編集]
>riderくん
そう、結局規制対象の範囲が「不明瞭」だから作家たちが必要以上の規制を受けるんじゃないかと危惧してるんだよね。
そんな曖昧なままでどさくさまぎれに法案通そうとしてるんじゃないかと思うと呆れますよ。

かなり大御所さんたちの名前が連なってましたね。
私も驚きました。
こういうのを見て、都知事は自分のやってることを見直したりできないのかしらと。

そして…カナダ、そんな意味の分からない理由で有罪になる国なのか…恐ろしい。
誰にも迷惑をかけてないのに法で裁かれるのは納得いかないなぁ。
そんなところまでエロ規制かけるから、性犯罪増えるんだよ…(;´ω`)
2010/03/18(Thu) 11:24 | URL  | 津々巳あや #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック