人間昆虫記
2010年11月03日 (水) | 編集 |
気付いたら9時間とか寝てて軽く死にたくなります
あやっこです…
ネーム中は余計に眠たくなりますよね…いやほんと


手塚治虫先生(PC自動変換で名前が出てビビった)の
人間昆虫記」という作品を読んだのですが
主人公がすぐ他人の才能を欲しくなって
才能をコピーできてしまう、
というキャラ設定なんですが

これを「いいなー」とは思わなかったんですね
その理由を
「才能をもらっても、成功するには運やタイミングもあるから意味がない」
と理由付けてたんですが
後でちょっと違うかなと思いました

「他人の才能をもらってまで成功したい」とは思わないんですね
どうせ成功するなら自分の能力で成功した方が嬉しいので
他人の能力で成功したらそれは負けを意味してる気がして
そして大体の人はそうなんじゃないかなーと

そう考えるとこの漫画の主人公は
常に敗北感を味わいながら成功し続けてるんじゃないかと
だから性癖的に変態なんだと<多分関係ない


などとそんな事をとりとめもなく考えてました
仕事もせずに
します





★残り7冊になりました…!★

おおおおまさかの一ケタ!ありがとうございます!
リンク張り続けた甲斐が!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック