都条例と水島ヒロとついでに自分の漫画更新(ブログ告知忘れてた)
2010年12月16日 (木) | 編集 |
遅くなりましたが12Cの9話が更新されました
よろしくお願いします~

http://www.famitsu.com/comic_clear/se_12c/

ツイッターで告知して忘れてた…



今日は色々ありすぎて考えることが多すぎました
以下個人的な感想色々
あのアレな都条例が可決してしまいました

別にいきすぎた性表現のあるものが
年齢指定になってもいいと思います
それはむしろするべきかと

でも問題はそこではなく
条例の中身が相変わらず曖昧な表現に終始しているので
早い話が全ては審査する人の判断で決まってしまうので
「これは発禁です!」
とその人が言ってしまえばその書籍は発行中止することができてしまう、
その可能性があるという事でみんな怒ってます

そして石原のおじいちゃんの、出版社と作家をバカにした物言いが
本当に本当に驚きます
それこそ、子供に聞かせるべきではない言葉たちです
本当に悲しい

とりあえずコミケはさいたまスーパーアリーナでやればいいと思います


水島ヒロ先生の「KAGEROU」
とりあえずアマゾンのレビューがすごくてすごくて
なんというか、あんだけ大宣伝したからそらもう日本中の人間が
この書籍を知っているということがすごいなと思いました

恐らく映画化も発行前から決まってたと思われますが
内容はともかく
水島ヒロ、という一俳優の名前だけで
ここまでの宣伝とここまでの売り上げを出してしまうのは
しかけ(受賞やニュース、メディアもろもろ)も合わせて
すごい(元)俳優さんだなと思いました
多分読まないんですが、ただただこの物を売る力というものを
見せつけられました
ただ、映画の方はどうかなーと
映画は本当に宣伝だけではどうにもならないもののような気がします…
水島ヒロファンも、本人が出ない映画作品は見てもなーという感じじゃないかしら…
本はグッズとして手元においておく意味がありますが
映画は手元に置いとけないんですよね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック