シュレック
2006年07月31日 (月) | 編集 |
ダウンタウンの浜ちゃんが関西弁まんまで声をあててる米CGアニメ、
というのに興味津々で観ようと思い
忘れて芸恋を観てしまってラスト1時間しか見れなかったアヤッコです。
アホです。

でも大体ストーリーは把握できたので問題なしだったです。
醜いということで卑屈なバケモノ「シュレック」が浜ちゃんだったのですが
声がまんまだったので妙に浜ちゃんの姿と被って
なんかめちゃくちゃ可愛くみえました。
昔から、私は卑屈キャラが好きだな…(そしてよく注意されていた)
あまりに好きすぎて途中から描かしてもらえなくなったです。(悔)

不覚にもラストは何故か大泣きしました。
弱いんだ…許して!
しかしラストの(ここから以下ネタばれ)
王子が竜に丸呑みされて、
それでも流石に死にはしないだろうと思ってたら本当に食われて
存在そのものが消失(アニメ的にも)、
多少なりとも国民に動揺が走るかと思いきや
そのまま存在そのものが無かったかのように踊り狂う国民

姫の呪いがとけて、美しい姿に戻ると思いきや
夜の醜い姿の方が本当の姿でした、というオチに
むこうの製作側の思い切りのよさを感じました。
いやあもう、ガキの「楽していい思いをしたい」という、あまっちょろい夢なんて蹴散らしてくれますね!有難うございます。

まぁ、面白かったです。
浜ちゃんが幸せになってよかったよかった
テーマ:TVで見た映画
ジャンル:映画
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック