近況
2011年09月28日 (水) | 編集 |
戦果
今更ながらTGSの戦利品


現在、端から端から仕事をあげつつ、
ネームをやってるという感じです
今週は色々お待たせしてるものをひとまず完成させる!
という気持ちで頑張っております
すいませんすいません
めっちゃ頑張ります

コメントもたくさん頂いてるのに
お返事できておらずすいません…!
中々まとまった時間ができないのですが
少しずつお返ししていきますので
少々お待ち下さい~(土下座)


「笑うな」筒井康隆

短編集です
実は、高校時代に「パプリカ」を読んだぐらいしか記憶がないので
この有名な作家さんの文章をそこまで知らず…
もっとまじめな方?の作家さんかと思ったら
全然はちゃめちゃで驚きました(笑)
そこが面白いんですが

何か漫画っぽいつくりに近いかも、と思ってたら
元々漫画家志望?だったんですね
俳優志望だけじゃなかったのかよ!多才乙!
短いものは2Pとかなのに、
一つ一つのエピソードに対して
かなりの資料を読み込んでるので
作家さんというのは本当にすごいなと…

特に好きなもの…というのは特になかったけど
「ブルドック」は以前読んだ記憶があったので
これだけどこかで読んだのかな?
もしくは誰かから聞いたのかも
一つ一つは短いのに、妙に印象的な話が多かったです
映画の神様がでてくる話は文体が面白かった

引き続き筒井康隆の本を読んでおります
もうちょっと長い短編集
ちょっと長い方が読みやすくて長い分、やっぱり面白いっす


「JIN」1話

ドラマを本当に久々に観ました…(笑)
TVの前にいなくてはいけない上に
毎週見なければいけないドラマが本当に苦手な飽き性なので
DVDになって初めて観れた!

友だちがどうしても見てくれ、とわざわざDVDを送ってくれました
有難う有難う
仕事があるので、仕事しながらの「ながら観」をせざるを得ないのがもどかしいですが
やっと1話を観ました

めちゃくちゃ面白くて驚きました
最近の邦画ドラマはいまいち、という話を聞いていたので
全然いいじゃねーか!と…(でもこのJINは1作目なので
結構前なのかな?あまり知識がなく申し訳ない…)

先生が帰れなくて泣くシーンも
(「こんなにキレイじゃ、ダメなんです」というセリフのセンスがよすぎてもうどうしたら)
あんなに嫌がってたお母さんが最後「お客人」と受け入れてくれたのも
大変泣けました
まぁ、あのお母さんがあの先生のメモの内容で何故態度を180度変えたのか
若干疑問が残りましたが、ドラマなので色々省いてるかと思うので
原作では納得できる流れなんだろうなぁと想像

俳優さんもすごくいい俳優さんだと思いました
アイドルありきじゃないって素敵!(あっ本音が)

これからネーム作業が主になるので
DVDは中々観るのが難しくなるのですが
何とか1話ずつ頑張って観ます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック