読者とのずれ/「人気マンガ家になるための15の法則」6話掲載
2017年07月20日 (木) | 編集 |
お久しぶりです、あやっこです。
最近「趣味は筋トレです」って言えるようになるまではと
仕事をなるべくスケジュール通りこなして
ジムに通っております。
理由は特にありません。

そんなわけで、とりあえず明×暗とかも色々やってるのですが
本日は直近の「人気マンガ家になるための15の法則」が12日売りの
まんがタイムジャンボにて掲載されてますのでよろしくお願いします(΄◉◞౪◟◉`)♡








この作品、まんがタイムジャンボでは3タイトル目ですね。
実は担当さんが一定期間変わる関係で、先日久々に直接打ち合わせをしたのですが
その時に
「津々巳さんももうこの雑誌では古参に入るので…」
と言われて軽めに衝撃を覚えたのですが
そういやもう5年も描いてますでしょうか。
1か月に8Pとかだから、描いた枚数の割に年数経ってしまうんですよね。

少女誌を出てからというもの、1編集部に1、2タイトル出しては他の出版社で描く
という見事な放浪作家ぶりだったのですが
そう考えると今
アライブとまんがタイムジャンボとファミ通は使い続けてくれてて
ほんと有難いです。捨てないで下さい。


で、話は戻るのですが表題の件。
最近作品作りで結構悩むことが多いんですが
何が悩むって
自分が「あんまり良くなかったんじゃないかなー」
と思うところですごく読者さんの反応が良かったり
逆に「これ最高だろ!」ってところで
読者さんがドン引いてしまっているというですね。

家人の漫画家に「君は読者の感覚とずれてる」
と言わしめるほどに、真逆なんですよね。
分かりやすい例を出すと、「終活女子高生」の律とかですね。

律

私は彼女は最高に面白いキャラだと思ってるんですが
読者様とアシスタントさんからは「怖い」ともっぱら恐れられておりました。
(律の評価は1巻ラストの回の話でガラリと変わったので結果的には良かったのですが)

この「人気マンガ家~」という作品は元々
始まる前から編集部内でも結構辛い評価もあり
私自身も悩みに悩んで1話目を作った経緯があるので
(完成原稿を描きなおして、過去ないぐらいギリギリ入稿でした)
下手したらほんと、3回で終わると思っていたのですが
幸い自分の予想を良い方向に裏切って読者様に受け入れて頂けました。
相沢と喜多村、ついでに綺羅星先生を今後ともよろしくお願い致します。

今現在はこの「人気マンガ家になるための15の法則」の原稿をやりつつ
「明×暗SCRAMBLE」のゲーム用立ち絵などを作ってます。
このゲームに関しては結構ガチ気味に作ってますが
完璧にただ仕事です。
趣味でやってます。
それについてはまた後日ブログに書きますね。


ではでは。

津々巳あや

.....................................................................................................................................



コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/07/23(Sun) 08:20 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック