片岡選手の引退試合
2006年10月13日 (金) | 編集 |
ブラッド編集部で野球の話になって
中日リーグ優勝の話題になって
「まぁ、今日パリーグは日本ハムがソフバン倒して優勝するけどな」
と言ったなら(ブラッドはソフバン系列です)

「このまま無事に出られると思うなよ」

と、そんなほほえましい会話を編集さんと繰り広げてたんですが
本当にハム優勝してしまいましたね。
でもソフバンの選手たちのボーゼンとなって号泣する姿は見ててもすごい泣けました。悔しいだろうなぁ…毎年プレーオフに出てるのにどうしても優勝、というものだけは手に入れられないんだから。昨日の試合もずっと0-0で最後にサヨナラ打たれちゃったんですよね。
今年は王監督の件もあるし、絶対優勝したかっただろうなぁ…
来年こそ頑張って欲しいです。

そんな中セ・リーグは片岡の引退試合でした。
まぁ、普通にケーブルでも試合やってなくて(やってくれよ)仕方なく結果を追うしかなかったんですが、
引退セレモニーだけはネットに落ちてる動画で観れました。

ここ数年、ほとんど活躍することもなくどういう選手なのか今ひとつイメージがつききらなかったんですが(声も思ったより若くてかっこよくて、しかも喋りが上手かったのにビックリ)

3塁ベース上で胴上げをするときに、中日の選手も一緒に胴上げしてくれたこと。
選手達と握手してるときに、若手の選手達が皆涙目だったこと。
彼が、想像以上に人柄も人望もあって、慕われていたんだということが分かりました。

そして中日をちょっと好きになりました(笑)
先日の落合監督の優勝インタビューで涙ながらに「阪神の追撃は歴史にのこる」といったセリフも合わせ、初めて中日の人間くさい一面を見た気がします。
日本シリーズ、ハムを応援しようかと思ってましたが中日も応援しようと思います。どっちも頑張れ!


野球はいいなぁ、と思います。
今年泣いたのは8割方野球に関連したことばかりです。
テーマ:阪神タイガース
ジャンル:スポーツ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック