帰ってきました~そしてニュースについて
2006年10月16日 (月) | 編集 |
帰って早々引越し用意です。

色々書きたいこともありますが、
とりあえず帰ってすぐニュースでやってた

<福岡いじめ自殺>発端は学年主任の「いじめ発言」

が気になったので。
私は教育学部だったので教育実習などもして
2校の学校の教師、というものを1ヶ月半見ましたが、
学校の教員は思ってるより人間的に「幼い」、と思った方がいいかもしれません。

学生→大学→学校の教師、と
ずっと「学校」という狭い空間の中でしか生活してきてないんですから
視野も心も広く、なんて無理です。

私の実習に行った学校では、当たり前のように「いじめ」はあって
担任も目の当たりにしてるし、絶対分かってるはずなのに
見てみぬ振りに徹していました。
めんどうなんですね。そんなものです。
でも、私が見た教師はまだ「生徒」の世界と「教師」の世界をちゃんと分けてたのでまだ良い方だと思います。
今回の事件は教師が率先して、子供達の受けを狙って、
そのために一人の生徒のプライベートを犠牲にしました。
普通の常識から考えて絶対してはいけないことだ、と分かりそうなものなのですが、あの狭い世界ではそういう常識さえも歪んでしまうんですね。

これは教師の間に発生しているストレスも問題だと思います。
子供だけでなく、職員室の中でも、「いじめ」があるんだと
もっと世間は知るべきじゃないっすかね。
うまくやっていくには、ストレスをためないためには…と、行き着いた先がこういう歪んだ学校、という空間なんです。

子供ってよく見てますから
尊敬できる大人でないと「先生」って認めてくれないんですよね。
認めてもらえない教師が、今回の件のように
生徒と同等な「子供」になって、何とかやっていこうとするんですよね。

でも間違ってはいけないのは、それは「同じ生徒」であって、「教師」ではないということを
同じようなことをしている教師は早く気付けるといいんですけどね。

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック