オフシーズンの野球
2007年01月28日 (日) | 編集 |
家にいる時間が尋常でなく長いので
すっかりTVとネットでニュースに詳しくなっております。
ひきこもりとはこのこと。
オリを退団した中村紀洋選手。
昔、移籍騒動のとき
当時阪神は星野監督が極秘で交渉したものの
「巨人はこれだけ出すといってますが…」
と金の交渉をしはじめて一気に星野監督の熱が冷めてしまった、
という阪神的にイメージは決してよくない選手です。
(ちなみに金本選手は金については一切言わず、純粋に
広島か阪神かで迷っていたのでかえって交渉が大変だったらしい)

去年はとにかく怪我をして、チームに全く貢献できなかった
にも関わらず減棒に異論
交渉に「退団」をチラつかせたら、本当に退団になってしまったという…

2億3千万?→8千万
では規定の限度幅40%を超えているので不服も分かるのですが
まさかどこの球団も獲得に名乗り出てくれないなんて
思いもしなかったのでしょう。確かに、まだまだプロで通用する選手。
3割30本狙える選手だとは思います。
でもこれだけ獲得球団が出てこない、ということは
やはり素行が…あまりよろしくないのでしょう
岡田監督の「3割50本(だっけ?)打ってくれる選手なら素行面に目をつぶることもある」
というセリフにも現れております。
後、怪我持ちですからね。
横浜が多村を手放してしまったのも
すごく能力がある選手だけど、怪我で毎年ほとんど試合に出られない
というところだと思います
出れないと意味がない。
(それにしても手放したのはもったいなかったですが…怪我しないようにトレーナーとかちゃんとつけるとか方法は他にもあったような。それとも既に試してムリだったのか。)


やっぱり日頃の行いは大事だなぁ、と思います
役に立つ間は重宝してもらえるけど、ダメになったとたん
手のひらをかえされてしまう。

とにかく彼がどうなるかちょっと気になるとこですが
そろそろキャンプが始まってしまうので
そうしたら取材する記者もほとんどいなくなってしまいそう…

テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック