失踪日記
2007年02月11日 (日) | 編集 |
米
母親から送ってもらったものの行き場が無く(でかすぎて)部屋の隅に佇む米(18k)

昨日は一日でカップラーメンとパンを食っただけで
ほとんど寝てしまいました。(12時間)
炭水化物しか取ってない…!
というか米を送ってもらったんだから活用しろよ的。
さっさと次のネームをやらねば。


ちょっと前にドンさんにお勧めされたので
ようやく読んでみました、「失踪日記」。

漫画家吾妻さんが連載途中に失踪して、浮浪者になったりアル中になったり配管工になったりしてる実録漫画。
もちろん、そういう普通の人は中々できない体験の部分も面白くて、興味深く読みましたが
やっぱり書き手なので編集さんとのやりとりの方を俄然注目して見てしまいます。

時代なのか、男性作家だからなのか、編集さんの口がやたら悪くて(「ふざけやがって」とか「クズ」とか)読んでて「こ、怖ぇええ」となりました。
私の場合、辛らつな意見はもちろん言われますが(比較的しょっちゅう)、
一応論理立てて言ってもらえるので怖い!というのは無いです。
相手が女性だからと気を使ってもらえてる部分もあるかもしれません。
私は今二つかけもちで連載やらせて頂いてますが、どちらの編集さんとも、お互いに意見を出し合って、納得行くまでアイデアを出し合います。

後、〆切は破らないようにしてるので(2本できます!と言ってしまった手前、これだけは守るようにしてます)〆切前日には原稿があがるようにやるのでその辺で怒られる事はそんなに無いなぁと(逆にそのぐらいしか評価してもらってねっす)
でも褒められる事もほとんど無いです。


話がずれましたが、色んな意味で「失踪日記」は一般の人も、書き手の人も面白く読める漫画だなーと思いました。
エッセイ漫画は漫画を普段読まない人も手に取りやすいからいいですね。

個人的にアルコール病棟のT木さんとK竹さんの関係性に萌えました(笑)
現実にもそういう主従関係?って、あるんだなぁ。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック