関西仲間?
2005年10月28日 (金) | 編集 |
依頼が全く来ないので、Hさんに催促の電話をしたら
慌ててFAXしてきたのですが番号間違えてて
他人のおうちに4枚、意味不明のFAXを送ってしまうという
何か微笑ましい事を普通にやらかしてくれるHさんを
私は何だか憎めないのですが、なんだろうゆとり教育?(笑)

まぁ、でもその2回目で番号を確認されて、
間違ってるのに「そうだ」と言ってしまった私にも十分非はあるのですが…。

そのときHさんがうっかり阪神の話題を出してきたために
お互い微妙な空気が更に流れたわけですが、そういや彼は関西弁で話しやすかった…まだ1回ぐらいしか会ったことないけど…
やっぱり皆ガッカリしてるみたいで、誰と話してもガッカリな感じですが私は案外「ま、リーグ優勝はしたしいいか」という感じで受け止めてます。
現実でガッカリする事が多すぎるので、趣味ぐらい前向きに受け止めたい…!


そういや今用心棒の三話目を描いてるのですが、
色んな理由があって今のスタイルで話を描かせてもらってますが、もっと長期スパンで計画があれば
「現代の女のコが過去に飛ばされて、用心棒と出会って戦いながら用心棒たちと仲やらラブやらを深めていく」
という話を描けたのか…と思ったら、絶対面白い設定なのに、
悔やまれるねぇ~と有野風に思ったりしました。
今からでもできないかな。無理かな。無理ですよね。

私の存在ってちっちぇーな~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック